プロミスの在籍確認は職場に電話連絡なしでカードローンできる!

会社の同僚にバレずにお金を借りれる方法をご紹介!

在籍確認の審査はプロミスだけでなく全ての消費者金融で必須です。

しかし、電話連絡以外の方法で在籍確認ができます!

↓プロミスは在籍確認のストレスなし↓

↑電話なしの在籍確認はこちらから↑

プロミスの在籍確認で電話連絡なしでカードローンする流れ

1.上記もプロミス公式サイトからカードローン申し込みを完了させる

2.30分前後でプロミス担当者から携帯電話へ本人確認と申し込みの確認の電話がきます。

3.この時に在籍確認は会社の都合により電話以外の方法を希望したい旨を伝えます。

4.プロミス担当者が電話の代替として収入が分かる書類を用意するように提案してくれます。書類内容はその人それぞれ微妙に違うので指示に従いましょう。

このような手順により電話なしで在籍確認をパスすることができます。

しかし、電話での在籍確認でもプロミスには勤務先にバレない配慮がたくさん!!

実は、在籍確認の電話というのは「プロミス」という金融会社名でかけることは絶対にありません。プロミスの担当者の個人名でかけますので、同僚にバレてしまう可能性はありません。

更に、電話番号は非通知でかけますので、万が一同僚が折り返しの電話をかけてしまった場合でも安心です。

それでも、やはり電話以外の書類にて在籍確認を希望する場合は、上記のようにプロミス担当者に電話なしの在籍確認をリクエストしましょう。

電話以外の在籍確認をする場合、どんな書類を用意すればいいのか?

<会社員、派遣、契約社員等>=社員証、社会保険証(組合保険証)

<アルバイト、パート、自営業等>=給与明細の1か月分(自営業の場合は収入証明書、雇用契約書の写しなど)

在籍確認とは?

そもそも「在籍確認」とは一体何の為にあるの?と思う方は多いと思います。

在籍確認とは、消費者金融が借り入れ審査の一環として、借入する人の返済能力があるかどうかを確かめる為の大事な審査となっています。

『きちんと働いて安定収入があるかどうか』、それと同時に『現在働いている職場を確認する』という目的があります。

何故なら消費者金融は一般的に無担保での融資を行っていますから、返済能力がない人にお金を貸してしまうと返済されず債務整理や自己破産されてしまう可能性もあるからです。

在籍確認の審査方法としては主には職場への電話、それ以外では勤務先が分かる、あるいは収入が分かるような書類の提出により在籍確認とみなされます。

電話によるプロミスの在籍確認、その内容とは。

プロミスからの在籍確認の電話をここで再現しましょう!

本人が電話対応したケース

プロミス担当者「お世話になります、わたくし佐藤と申しますが、田中さんはいらっしゃいますか?」

借り入れ本人「はい、わたしが田中です」

プロミス担当者「プロミスの佐藤です。この度はお申し込みを頂きありがとうございます。審査の結果はこちらの職場と携帯電話どちらがご都合よろしいでしょうか?」

借り入れ本人「では携帯電話のほうにお願いします」

プロミス担当者「わかりました、それでは結果をお待ちください。失礼いたします」

ざっとこのような内容で、所要時間としては1~2分程度で終わります。

本人不在で同僚が電話対応のケース

プロミス担当者「お世話になります、わたくし佐藤と申しますが、田中さんはいらっしゃいますか?」

会社の同僚「あいにく田中はただいま席を外しておりますので、折り返しのお電話をいたしましょうか?」

プロミス担当者「いいえ、また改めますので結構です、それでは失礼いたします」

自分が不在でも同僚が不在を伝えるだけで在籍確認が取れたことになるので、もうこれ以上職場に電話はきません。

在籍確認の審査が行われるタイミングはいつ?

審査行程の中でのタイミングとしては一番最後になります。要するに本審査につうかした人だけ在籍確認が行われるというわけです。

ですのでむやみやたらに最初から在籍確認をされるわけではないので安心です。

プロミスから会社に電話かかってくる時間は指定ができるのか

プロミスでは在籍確認の時間指定が可能です。自分の好きな時間はもちろん、担当者の性別も指定できるので、よりストレスなく受けることができます。

プロミスの在籍確認審査通るコツはあるのか

在籍確認に通るコツは特にありませんが、嘘の情報を書かないのは基本中の基本でしょう。大企業に勤務してれば融資限度額が高めに設定されたり、審査に通りやすいのではないかと考える方も多いようですが、確かに収入により限度額は変わってきますが、それよりも勤続年数や借り入れ履歴等の方が重要視されますので、零細企業に勤務してる方でも全く問題なく審査に通過しますので、あまり気にする必要はありません。

プロミスの在籍確認後に否決されるケースはあるのか

在籍確認のステップまで進んだのにその後否決されるというケースは、殆どありません。但し、勤務先情報に虚偽の情報を記載してしまった際は当然ながら否決されるでしょう。

しかしまともにやっていればまず否決になる事はありませんのでご安心ください。

プロミスの在籍確認では派遣社員はどこに電話がいくのか?

派遣社員の方は、登録している派遣登録会社に在籍確認を行う事になります。お給料は登録会社から出ているので、雇用関係は派遣元となります。よって勤務先である職場への在籍確認は特別な事情がない限りはできません。

プロミスの在籍確認は土日の場合はどうなる

土日の在籍確認は、勤務先が土日休みのケースであれば必然的に書類での在籍確認となるでしょう。

しかし借り入れ希望額が5万程度の少額のケースであれば、在籍確認は週明けに行うとして、とりあえずの在籍確認なしで即日、土日にお金を借りれるケースも多いので土日にすぐお金を借りたい時は、なるべくなら少額の借り入れをしたほうが審査が早いでしょう。

プロミスでは転職などで勤務先変更をしたら再度また在籍確認が行われるの?

いいえ、基本的には在籍確認は初回の借り入れ審査時のみ行われるので、再度、転職先に在籍確認をすることはありません。ただし、おまとめローンなど大口融資をする際は再度行われるケースもあるようです。

プロミスで増額申請をした際は再度在籍確認されるのか

プロミスで増額をした場合、在籍確認の電話もやり直しになるのか気になりませんか?

『あまり在籍確認の電話をかけて欲しくない』という方にとっては、死活問題になるかもしれません。

プロミスで増額審査を行った場合の在籍確認が行われるかについて解説します。

・プロミスの在籍確認の別の理由

在籍確認を行う理由は何でしょうか。

もちろん、毎月の安定した収入があることを確かめるための審査になりますが、別の理由もあります。

そして在籍確認は何となく『貸し倒れ』を防ぐために行なっているイメージがありますが、実はそうではありません。

本来の在籍確認の主な意味合いは、『暴力団、政治ゴロ等の反社会勢力に対しての資金源の根絶』を目的としています。

きちんと実態のある企業に勤めていることが確認できれば、暴力団などの反社会勢力に所属していない証明になるのです。

反社会勢力関連にお金が流れることのないように、調査を行っているのです。

・プロミスの増額審査

在籍確認の意味からすると、申し込みの際に既に反社会勢力の一員でないと確認できているのですから、増額審査の際には改めての在籍確認は必要なくなります。

申し込みを行うと、電話がかかってこないのにいつの間にか『増額審査に通っている』ということもあるわけです。

・在籍確認が行われる場合

プロミスではどのようなケースで在籍確認を行うか明言していませんが、『前回の申し込みから勤務先が変わっている』というときは在籍確認を再度行う事もあるようです。

気になる場合はオペレーターに増額申し込みをする際に聞いてみるといいでしょう。

プロミスの増額審査では在籍確認が行われる事はほとんどないようです。

行われる場合も勝手にかけたりせず、許可を得てから行いますので安心して申し込みをして下さい。