プロミスの顧客属性と審査通過率で何がわかる?

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは大手の消費者金融です。

プロミスであれば、初めて借りる方でも安心感を得られることでしょう。

テレビCMや街の広告、そして駅のホームや電車の中、そして主な駅前には店舗もあるなど、多くの人に認知されているプロミスです。

そんなプロミスから借りる前に知っておきたいのが、顧客属性と審査通過率です。

プロミスの顧客属性

プロミスの顧客属性では、顧客の性別や年齢別、年収別ごとの割合を知ることができます。

プロミスの2017年3月期の決算資料で、顧客属性が公開されており、次のような結果です。

性別
新規顧客 全顧客
男性67.1% 男性72.1%
女性32.9% 女性27.9%
年齢別
新規顧客 全顧客
~29歳 49.1% 20.7%
30歳~39歳 21.2% 24.8%
40歳~49歳 16.9% 25.7%
50歳~59歳 8.9% 16.8%
60歳以上 3.9% 12.1%
年収別
新規顧客
200万円未満 21.2%
200万円~299万円 26.1%
300万円~399万円 27.1%
400万円~499万円 13.5%
500万円~599万円 5.5%
600万円以上 6.7%

プロミスの審査通過率

消費者金融の審査難易度を調べたい時に便利なのが、審査通過率です。

プロミスの2017年3月期の決算資料にある成約率を見ることで分かります。

2015年41.1%、2016年43.5%、2017年42.9%となっており、おおむね40%前半の成約率です。

顧客属性と審査通過率のまとめ

性別の顧客属性を見ると、女性よりも男性のほうが圧倒的に多くなっています。

年齢別の顧客属性では、新規顧客の半分近くが~29歳です。

若い人達には、以前の消費者金融のイメージはあまりないのかもしれません。消費者金融といえば、昔は高金利での借金でした。しかし今の若者が目にする消費者金融はCMや広告だけです。イメージの悪い情報はほとんどありません。

年収別の顧客属性を見ると、200万円未満でもプロミスの審査に通過することが分かりました。

審査通過率を見る限り、新規申込みのうち40%前半が、プロミスの審査に通過したことになります。

逆に言うと新規申込みの半分以上が、プロミスの審査に落ちている状況です。

それほど甘い審査ではないことが分かります。