プロミスの審査は収入や年収にどう影響するのでしょうか?

プロミスのみならず、全てのカードローン審査では、収入・年収が聞かれます。

収入・年収はそのまま返済能力に直結すると考えられているからです。

毎月の収入があるからこそ、毎月の返済が可能になります。収入が不安定だと審査に影響します。

一方で収入・年収だけで審査が全て決まる訳ではありません。

収入・年収と同じくらい、職業の安定性や借入先件数は入念に見られるので、職種や勤続年数も審査においては非常に重要な要素になります。

ここでは、プロミスの審査と収入・年収の関係について解説します。

・プロミスでは収入・年収をどのように審査するか

プロミスの審査は、スコアリング方式をとっています。

つまり、年収が100万円未満、300万円未満・・・1500万円以上といった区分にわけ、それぞれで点数を割り振っています。

年収がいい人ほど返済を無理なくできる確率が上がりますので、点数は高くなり、当然審査にも通りやすくなります。

・収入・年収で全てが決まる訳ではない

しかし収入・年収はスコアリング審査で重要な部分になりますが、これだけで全てが決まる訳ではありません。

例えば収入・年収の他にも、職業の安定性と借入先件数はスコアリングの点数が高い部分です。

この二つが高得点であれば、プロミスの審査のみならず、カードローンの審査は通りやすくなります。

もし、プロミスに申し込もうと思っているけれども、収入・年収が少なくて不安という方は、借入先件数をなんとか減らしましょう。

職業を変えることは難易度が高いですが、借入先件数は借金を一箇所にまとめるなどして減らしやすくなっています。(おまとめローン等を利用しておくといいでしょう)

収入・年収の不利な条件を相殺、打ち消すことができるかもしれません。

年収の3分の1まで制限の総量規制

年収の額がダイレクトに影響するのは、いくらまで借りれるかという借入限度額になります。

例えばですが、年収450万円の方であれば、150万円までの借入が可能となります。

ただし、初回から満額借入可能になる訳ではなく、まずは50万円からという流れになります。

しかし、先ほど記したようにこの時点で他社からの借入がすでにあった場合は、総量規制がさらに厳しくのしかかってきます。

年収450万円の方が3分の1まで借入が可能だとしても、他社で100万円の借入があると、新規では残り50万円しか利用ができないとなります。

50万円を借入希望となってもギリギリの場合では、審査結果は厳しい物になる可能性が高いです。

つまり、収入を上げるか、借り入れ件数か借り入れ金額などを全体的に減らすかしかないのです。法律ですからプロミスなどの消費者金融やクレジットカードなどを利用する場合は仕方ありません。

ちなみに銀行カードローンは総量規制対象外となっていますから、既に年収の三分の一以上借入をしていた場合でも融資可能なケースもあります。

しかし銀行というのは基本的には消費者金融よりも審査が厳しいことで有名です。CICやJICCなど色々な信用情報機関のデータを参照すればすぐにその人の借入状況を参照できますから、そう簡単には審査には通らないでしょう。

もう他社借り入れ件数や年収の三分の一以上の借入をしてしまってる方は、今からお金を借りるという方法以外に、不要な持ち物などをチェックしてメルカリなどで販売していくのもいいのかもしれません。